photo

松本 大(LAMP IN TERREN)

「セミロング」

誰の心にもある煮え切らない想いや、中途半端な部分が曲の主軸になっているはずなのに、曲から伝わってくるものはまるで扇風機みたいだなぁと感じました。決断を迫るような嵐でもなければ、背中を押すような追い風でもない。半端を甘やかすクーラーでもなく、ただ、同じ温度で通り過ぎていく扇風機。「まぁいっか」で全部片付いていくような、不思議な力を持った曲だと感じました。「熱唱サマー」というわりに、かなり涼しい曲だと思ったけど、アルバムはとても暑かったから、避暑地があってよかった。