赤い公園 3rd Album『タイトル』2016年3月23日(水)Release

LINER NOTES & INTERVIEW

やっぱり赤い公園は音楽に誠意を示して、音楽に褒めてもらうことしかできない
そういう意味での“純情”でもあるんです

 そもそも筆者は最初から赤い公園という存在自体が、発明のようなバンドだと確信している。まず、津野米咲という誰よりも音楽を愛し、音楽に愛されようとする傑出した音楽家がいる。彼女がクリエイトする、バンドミュージックとしてあまりに一筋縄ではいかない構築美を追い求めポップの真理に手を伸ばす楽曲を、なんとも天真爛漫に体現する佐藤千明というボーカリスト、藤本ひかりというベーシスト、歌川菜穂というドラマーがいる。そのバンドのあり方に覚えるある種の違和感こそが、デビュー当初の赤い公園の中毒性を担保していた。
 彼女たちはそういった中毒性を損なわずに、作品を重ねながら音楽的なコミュニケーション能力をいかに高めるかという命題と向き合ってきた。それを結実させたのが、前作『猛烈リトミック』であるのは間違いない。あるいは、赤い公園は『猛烈リトミック』で、真の意味で大衆にコミットする切符を手に入れたとも言えるだろう。
 『猛烈リトミック』から約1年半ぶりにリリースする3rdアルバムに彼女たちが冠したタイトルは『純情ランドセル』。『公園デビュー』に始まり、『猛烈リトミック』を経て、彼女たちはここで“真っ赤なランドセル”を背負った。本作に収録されている全14曲を聴いて、赤い公園を評するにあたって“複雑で難解だけどポップ”みたいな前口上はもう不必要だと思った。それほど、赤い公園の独創的かつ純真なポップミュージック像は、スタンダードなものになった。津野米咲が綴る歌詞も本当に素直な筆致になった。それと同時に本作で獲得したのは、赤い公園の音楽像はどこまでも、いつまでも、自由であれるという確証だ。
 赤い公園のオルタナティブ性が成熟していることを示す「ボール」。東京という街を擬人化し、そこに生きる市井の人々の暮らしを、西東京で生まれ育った赤い公園なりの視点で切り取る「東京」。情感豊かなポップミュージックの地平に立ち桜の季節とその刹那的な記憶を紐解く「Canvas」。「東京」のアンサーとして地元をレペゼンしながらノイズを撒き散らし疾走する「西東京」。ジャジーなフィーリングを擁したアーバンポップで切実な恋愛模様を描く「ショートホープ」。現行のUSインディにも通じるサウンドプロダクションで白昼夢のなかで浮遊する歌をサビで解放するワルツテイストの「デイドリーム」。無邪気にして狂気の和製アヴァンポップとも言うべき「喧嘩」。小粋な音楽共同体でありたいという赤い公園のバンドイズムを決定的に形象化した「KOIKI」。その「KOIKI」で見いだした他者のために捧げる歌の尊さを、ダンスクラシックを彷彿とさせるアプローチで開花させた「黄色い花」。深淵なひずみを抱えた静謐な歌を、まるで賛美歌のように差し出す「おやすみ」——。 
 亀田誠治、島田昌典、蔦谷好位置という日本を代表するJ-POP マエストロと會田茂一、PABLO a.k.a. WTF!?というロックバンドのエッジを存分にきかせる強者がプロデューサーとして顔をそろえているアルバムはなかなかないだろう。しかし、それが必然的に思えるのは赤い公園の音楽性がまったく底知れないからだ。また本作はニューヨークでマスタリングを実施。マスタリングエンジニアは、多数のグラミー受賞作品を手がけているトム・コイン。メンバー全員で渡米し、マスタリングに立ち会った。津野いわく「ミックスの時点で完璧な状態なんだけど、トム・コインさんのマスタリングでさらに想像もつかない素晴らしい音像の世界に連れて行っていただきました」。
 赤い公園がひっくり返すロックとポップの次元は、リスナーをあらたなポップミュージックのスタンダードへ導く通学路にもなった。それが、この『純情ランドセル』というアルバムである。

津野米咲インタビュー

心を込めて作ることができた

 この2月にデビュー4周年を迎えました。デビューから4年経過して、現実の課題の多さがすごく愛おしく思えるんですよね。個人的にバンドの状況であれ、評価であれ、その都度見えていないことを不安に思うという“結末を早く知りたがる女の子っぽさ”みたいなことから、このアルバムを作って脱却できたと思うんですよね。それはバンドの4分の1である自分をちゃんと認めることができたからで。私は彼女たち(3人のメンバー)に“しっかりしろよ”と思いつつ、彼女たちに憧れていた部分があって。“この3人はすごいんだ”ってアピールしたい気持ちのなかに私自身もやっと4分の1として入り込むことができたと思うんです。そのうえで赤い公園というバンドの魅力をしっかり気持ちを込めて示したいと思ったんですよね。
 『猛烈リトミック』がしょっぱいものも甘いものも食べられるバイキングのようなアルバムだとするならば、今作はコース料理をしっかり堪能できるアルバムだと思います。今までどうやったらそういうアルバムを作れるのかわからなかったけれど、ようやくそこに着手できたなと思いますね。『猛烈リトミック』が日本レコード大賞の優秀アルバム賞を受賞いただいて、その次のアルバムでここまで音楽に対して忠実で素直なコース料理のようなアルバムを作れたことが誇らしいです。メンバーみんな口をそろえて“心を込めて作ることができた”と言っています。それがすごくうれしかったです。
 何より歌が変わりましたよね。特に歌詞が変わったと思います。苦手としていたラブソングが書けるようになった『猛烈リトミック』から、さらに歌詞を素直に楽しく書けるようになったんです。たとえば1曲目の「ボール」みたいな、いかにも赤い公園らしい曲も“これがポップなんだ!”と信じ、心を込めて届けたいと思える。歌詞も含めて無理やり書いた曲はひとつもないです。自分が勝手に難しいと捉えていた思い出や情景や心情って、難しい言葉でしか表現できないような気がしていたけど、それって実は意外と普遍的なものだなということに気づいたんですよね。
 それぞれが個性的な音楽観を持っている5人のプロデューサーに参加していただけて赤い公園はホントに幸せなバンドだなと思います。プロデューサーとの作業はどんなときも勉強になるから、発見ばかりあって。そして、みなさんからの愛情のこもった“売れてくれ!”という気持ちを受け取ってます。だから、甘えっぱなしではいけないし、絶対にちゃんと結果を出すぞと思ってます。
 赤い公園はハタチのときにデビューして、当時から年齢的には大人だったんですけど、それでもずっと子どもっぽさを武器にしていたところがあったと思うんですよね。でも、このアルバムでランドセルを背負って大人の世界に入学するような気持ちもありますね。それに、このアルバムは“小粋でいたいのだ”と歌うことから始まってますから。腹が決まりましたね。やっぱり赤い公園は音楽に誠意を示して、音楽に褒めてもらうことしかできないんだと思うから。そういう意味での“純情”でもあるんです。とにかく多くの人に聴いてもらいたい――今一番言いたいのは、シンプルにそれだけですね。

津野米咲による全曲解説

1「ボール」

作詞/作曲:津野米咲 編曲:島田昌典、津野米咲

この曲のコード感は私の得意としているところだし、赤い公園の王道と感じてもらえるような曲を1曲目にもってこようと思いました。黒盤(『透明なのか黒なのか』)から聴いてくれている人は特に王道を感じてもらえると思います。歌詞はあたりまえのことを書きたかったんです。“あとちょっとのところで上手くいかないことってよくあるよね”ということだったり。アクティブな神様がサッカーをするように、私たちは運命を転がされてるなって思うんですよ。よくも悪くも、それには逆らえないという曲ですね。

2「東京」

作詞/作曲:津野米咲 編曲:亀田誠治、津野米咲

西東京で生まれ育った私たちには、くるりの「東京」のような地方から上京した切なさを歌うことはできないわけで。そこで思ったのは、東京は何かをがんばるために存在している街だから、東京に対して“ただいま”って言う人って少ないんじゃないかなって。そんなことを思ってクルマに乗りながら首都高から東京タワーを見たらすごく切なくなったんです。東京タワーは高いところから、それぞれの故郷に帰って“ただいま”と言う人たちを見守ってるんだなって。メロディは素朴で、“AメロBメロAメロBメロサビサビ”という構成も挑戦でした。最後にちーちゃんが〈東京〉と歌うボーカルがすごくカッコよくて、いい曲を作れたなと思いましたね。

3「Canvas」

作詞/作曲:津野米咲 編曲:亀田誠治、津野米咲

この曲は2014年の亀田さんのお誕生日プレゼントとして、いつもお世話になっている感謝を込めて私が勝手に書いた曲なんです。でも、歌詞は原曲とは全然違っていて。もともと〈僕のキャンバスに消しゴムはいらない〉というフレーズがあったから「Canvas」というタイトルだけ残ったんですね。結果的に桜の曲になったんですけど、私にとっての春の風景って音が一切ないんですね。風が吹いて桜の花びらが舞い散る風景って、ちょっと苦手だなとさえ思っていた。それはなぜだろうと考えたときに、春って自分の都合をよそにやってくる季節なんだと思ったんです。だから、今までの自分の人生で個人的に春だなと感じた瞬間をそのまま歌詞にしようと思って書きました。リズムは4つ打ちなんですけど、アルバム全体的に跳ね系のビートが多いなか、「Canvas」は日本人が“イチ、ニ、イチ、ニ”って気持ちよく歩けるようなテンポ感にしたいなと思ったんですよね。

4「西東京」

作詞/作曲:津野米咲 編曲:會田茂一、津野米咲

私たちの地元の“西東京あるある”を曲にしました(笑)。西東京を知らない人たちには意味がわからないと思うんですけど(笑)、自分たちならでは言い回しで、自分たちの青春をバーッと歌ってる曲があってもいいじゃないかと思ったんですよね。アルバムタイトルに“純情”という言葉を付けるなら、これを書かずにして何が“純情”だと思って(笑)。「KOIKI」もデモの段階ではもっとテンポが遅かったし、長らくBPMがここまで速い曲を作る気になれてなかったんですよ。でも、唯一これは速い曲にしなきゃいけないと思ったのが「西東京」でした。メロディと歌詞が迷いなく一緒に出てきたんです。ちーちゃんはテンポが速くなるとボーカルが自然とハスキーになり、巻き舌にもなるんですけど、そのカッコよさが遺憾なく発揮されてますね。

5「ショートホープ」

作詞/作曲:津野米咲 編曲:蔦谷好位置、津野米咲

無自覚なんですけど、私が打ち込みで作るデモのリズムって難しいらしいんですね。それで、シンプルなリズムの曲を作ろうと思って、スタジオに入って自分でドラムを叩くところから始めて。「NOW ON AIR」もそうやってできた曲なんです。自分でドラムを叩いて、ベース、ギター、キーボードを重ねて、最後にメロディを付けて。どういう歌詞にしようか考えながらとりあえずタバコを吸ったんですね。でも、ショートホープだから歌詞のアイデアが思いつく間もなく吸い終わってしまって。“ホントに短いタバコだな、ホープなのにショートだな”って思った。それがそのまま歌詞のアイデアになったんです。私自身、ついつい先のことを考えてしまう性格だけど“今だけでいい”って思うことってたくさんあって。恋愛でも“今だけでいいから一緒にいたい”って刹那的な感情になることもあるし。でも、それはきっと私だけではないですよね。サウンドとしては「TOKYO HARBOR feat.KREVA」にも通じる、私のコアにあるブラックミュージックしかりアーバンな音楽性を滲ませられたなと思います。アウトロはみんなでジャムって作ったんです。蔦谷さんのピアノソロがめちゃくちゃカッコいいですよね。

6「デイドリーム」

作詞/作曲:津野米咲 編曲:PABLO a.k.a. WTF!?、津野米咲

私自身、何回もリピートするくらい大好きな曲です。これは活動休止中に作った曲なんです。2012年の大晦日にデモを作って、2013年の元日にみんなにデモデータを送ったんですよ。デモはもっと暗くて切ない感じでした。PABLOさんと一緒に歌詞の推敲とアレンジを考えて。その作業の高揚感は特別なものがありました。自分が作るこういうワルツっぽい曲がすごく好きなんですよね。曲の折り返し地点がない感じがして。メロディもシンプルで大好きです。

7「あなたのあのこ、いけないわたし」

作詞/作曲:津野米咲 編曲:島田昌典、津野米咲

歌詞のポイントとしては嫉妬に狂った危ない女の歌をポップに書いてることですね(笑)。でも、女の子ってそもそもそういう生き物だから。それをわざわざドロドロ書く必要もないなって。学生時代に好きだった人の彼女って、だいたい私とは逆で背が低くて、性格もふんわりした感じの子が多くて。どうがんばってもそのシーソーがひっくり返らない感じにモヤモヤしたりすることが多かった。生々しい内容の歌詞ではあるんだけど、サウンドがポップだから許されるというのもあると思いますね。そのあたりはaikoさんを見習ってるところがあるかもしれない。aikoさんって重たい内容の曲であればあるほどアップテンポにしていると思うんですよね。

8「喧嘩」

作詞/作曲:津野米咲 編曲:PABLO a.k.a. WTF!?、津野米咲

これも活動休止中に作った曲です。デモの段階ではリズムは付けてなかったんですけど、軍歌や民謡みたいな2拍子の曲がいいなと思って。右側から聴こえるギターは私が弾いていて、左側から聴こえるギターはPABLOさんが弾いてます。“よっしゃ、喧嘩しようぜ!”って言いながら適当に弾くみたいな。PABLOさんいわくこの曲は“猫の喧嘩”。じゃれあってると思っていたら、いつの間にか本気で殺しあってるみたいな(笑)。でも、それってすごく赤い公園らしい無邪気なえげつなさがあるなと思って。途中に入る語りの部分でみんなの喧嘩の売り文句があまりにヒドくて、ピー音がいっぱい入ってます(笑)。

9「14」

作詞/作曲:津野米咲 編曲:赤い公園

人の曲を聴いて“そんなに難しくなくていいのにな”と思うことがいっぱいあるんですけど、いざ自分が作る曲では恥ずかしくてシンプルに作れないクセがあって。それが私の強みでもあり弱点でもあると思うんですけど、この曲では“赤い公園ってどんなジャンルですか?”と問われたときに“J-ROCKです!”ってスパっと答えられるような、シンプルなロックサウンドを鳴らしたかったんです。いざそういう曲を作ってみたらすごく気持ちよかったですね。セルフプロデュースで、ストレートに中二病のロックを表現してみました(笑)。

10「ハンバーグ!」

作詞/作曲:津野米咲 編曲:亀田誠治、津野米咲

今作のなかでは一番『猛烈リトミック』のムードに近い曲かもしれないですね。いかにも赤い公園らしく“おもちゃ箱をひっくり返したような曲だね”というサウンドで、そこに私のマザコン感が満載の歌詞が乗っていて。バンドのリーダーでもなく、ギタリストでもなく、ただのお母さんの娘である自分がこの歌詞にいますね。エレピも私が全部弾いていて、アウトロのギターも気に入ってます。

11「ナルコレプシー」

作詞:津野米咲、藤本ひかり 作曲:津野米咲 編曲:亀田誠治、津野米咲

デビュー前の合宿で作った曲です。当時は全然違うアレンジでライブでもやっていたんです。そもそも、ひかりが書いてきた歌詞にサビを付けたことから始まって。身内からの人気がずっと高い曲だったんですよ。“純情”というタイトルとリンクして、やっと曲を入れる場所が見つかったという感じですね。

12「KOIKI」

作詞/作曲:津野米咲 編曲:蔦谷好位置、津野米咲

赤い公園というバンドの“宣誓”のような曲ですね。今後の代表曲になったらいいなと思ってます。私の人間としてのあり方を正直に書いた曲であると同時に、バンドとしてもこういう存在になりたいという願いを込めてます。私は人に傷つけられることも人を傷つけてしまうことも重要だと思っていて。その経験をバネに人に優しくできるバンドでありたいと思う。このニュアンスって日本人にしか書けないんじゃないかとも思うんですよ。時間をかけてでもいいから、ひとりでも多くの人のなかに残っていく曲であってほしいと願ってます。“赤い公園は何から聴いたらいい?”と訊かれたときに勧めたい1曲ですね。

13「黄色い花」

作詞/作曲:津野米咲 編曲:亀田誠治、津野米咲

去年の頭に私の大切な人にとっての大切な方が亡くなって。遺された大切な人を元気づけたい一心で書いた曲です。お葬式で亡くなった方に手向けられるいろんな種類の花の色が、全部黄色だったんです。私の大切な人はお葬式でもすごく気丈で。一緒に悲しむのも申し訳ないし、笑わせることもできない、かける言葉もない、でも、その人のために曲を作ることはできると思って。それで曲を作ってデータをDropboxにアップして、そのURLをその人に送ったんです。サウンドがダンスクラシックテイストになったのは、自分が元気を出したいときに聴くのはジャクソン5やジャクソン・シスターズだなと思ったからで。最後のコーラスは、SAKANAMONのメンバーにも来てもらって、亀田さんもうに(井上うに/レコーディングエンジニア)さんもミッツ(赤い公園のマネージャー)も亀田さんのマネージャーさんにも歌ってもらいました。

14「おやすみ」

作詞/作曲:津野米咲 編曲:島田昌典、津野米咲

高校生のときに書いた曲です。私にはずっとなんらかの形で音楽の仕事をしたいという夢があって。明日はその夢に少しでも近づけたらいいなと思う毎日のなかでこの曲を書いたんですよね。でも、その音楽に対する強い思いは今も変わってなくて。だから、私は恋のことを考えながら眠りにつくことは一生ないんだなって思うんです。ずっと音楽に対する夢があり、目標があり、こういう気持ちを持ち続けてるんだと思います。この曲を最後にすることで、アルバム全体が折り返し点のない円のようにすることができると思ったんです。

取材・文/三宅正一(Q2)